EV充電設備工事

電気自動車普通充電設備工事

普通充電器は、一般に使用される単相AC200Vまたは100Vを使用します
(三相200Vは使用できません)急速充電器より充電時間はかかりますが
設備導入費用の負担が比較的少なく、長時間駐車する住宅や事務所などの
プライベートエリアや時間貸し駐車場・宿泊施設・商業施設など
パブリックエリアでの利用におすすめです。
普通充電器にはさらに「コンセント型」と「充電ケーブル付」があります。

普通充電器(充電ケーブル付)について

充電器本体に「充電ケーブル」を装備しているので
車載ケーブルを取り出す必要がなく、
充電用コネクタを車に差し込むだけで充電ができます。
Mode3(モードスリー)タイプとも呼ばれます

普通充電器(コンセント型)について

コンセント型で充電する場合は車載の充電ケーブルを使用し、
電源プラグを充電用コンセントに、充電用コネクタを
車両の充電口に接続して充電を行います。

0120-976-256までお電話また、お見積り依頼にて
お気軽にお問合せ下さい。

 

電気自動車急速充電設備工事

 

電気自動車の充電設備には、大きく分けて
普通充電と急速充電の2種類があります。
急速充電器は、電源に三相 200Vを使用し出力50kWが一般的です。
高圧供給による契約が必要な場合が多く、設置にコストがかかります。
高速道路のSAなど短時間で充電をする必要がある場所への設置が想定されます

現地調査~お見積り お気軽にご連絡下さい。
0120-976-256までお電話また、お見積り依頼にて
お気軽にお問合せ下さい。

 

EV充電設備工事は株式会社田島電工にお任せください。

お任せ

0120-976-256株式会社田島電工までお気軽にご相談下さい。
中部電力申請から施工まで迅速にサポート致します。
お電話、お見積りフォームよりまでお気軽にご相談下さい。お待ちいたしております。

 

現地調査 見積りをネットでも予約受付中

2022年5月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
       
2022年4月